【第6回 出張ボードゲームスペース】言うだけで能力が使える「ワンモーニング人狼」で朝からもぐもぐしてた回

Twitter でもイベント情報を配信しています→ @RoundtripGames

去る 12/16 にらうんどとりっぷ出張ボードゲームスペースが開催されました。

急にいらっしゃれなくなった方が多くこじんまりとした回になりました。この日に遊ばれたゲームは

  • コトバーテル
  • カタン
  • ワンモーニング人狼
  • 天才画家ボン
  • R-ECO

でした。

今回のピックアップゲームは「宇宙カタン」だったのですが、カタン初心者の方がいたので今回はノーマルカタンを遊びました。


今回もりあがったゲームを一つご紹介します。「ワンモーニング人狼」という人狼を少人数・短時間プレイにアレンジしたゲーム。この手のゲームはたくさん出てまして、「ワンナイト人狼」が有名ですよね。タイトルからすると、ワンナイト人狼を朝にしただけのゲームなのかな、と思いきや、ちょっとひねったルールになっていてこれはこれでワンナイト人狼とは別の楽しさがありました。

人狼と言えば「騙り」。ワンナイト人狼のように少人数でやるばあいは、人狼チームが何かを騙って場を乱さないとあっというまに論理的に追い詰められちゃったりするので、騙りがけっこう重要になってきます (騙りとは自分が占い師です、などと噓をついてその役職の振りをすることです)

この「ワンモーニング人狼」も「ワンナイト人狼」と似ており、参加プレイヤー人数より多くのカードを用意し、各人に配られたカードの残ったカードが真ん中に置かれます(ここを墓地などと呼びます。墓地に狼陣営のカードが来てしまうと狼陣営がいない村もあり得る)

おもしろいのはこのあと。このゲームは「CO(カミングアウト)」をルールに取り入れているところが新鮮です。COとは「役職を名乗る」ことで、ノーマルな人狼でもよく使われる言葉。「私が占い師です」とか「私が霊媒師です」とか言うことですね。もちろん本物もこのように名乗り出るいっぽうで、人狼サイドも偽物として騙って名乗り出たりします。

ふつうの人狼でも、ワンナイト人狼でも、偽物は単に偽物なので情報を持っていません。なので、 騙ってCOしたらつじつまの合う噓をつかねばなりません。ところが、ワンモーニング人狼では、このCOをすることで、偽物であってもその能力が使えるのです。これがおもしろい。

このゲームでは「占い師:COしてない人を見れる」「騎士:COをした人を見ることができる」などの能力のおおくはCOに関するもの。偽物であってもCOしていれば「COしたプレイヤー」で、他人のカードを見ることができちゃったりするのです。これがとてもとおもしろい。

最初は手探りでCOしていましたが、なるほどここではこれをCOしてこう言った方が勝てそうだなどと作戦もいろいろこなれてきて白熱してきました。この日は人数が少なくて3人でやらざるを得なかったんですが、ちゃんとした人数で屋ったらもっとおもしろくなりそうな可能性を感じます。

牛乳瓶をモチーフにしたプラスチックカードもかわいくて、デザインセンスもよく、好感度高し。人狼アレンジ系のゲームはいまだにたくさん発売されてますし、どれを選べば良いか分からないなと思ったりしますがこの「ワンモーニング人狼」はおすすめです。朝から村人さんたちをもぐもぐしちゃいましょう!(なぜか人狼目線)


人狼と言えば! 年末(12/28 19:00)にらうんどとりっぷの支援で、ぼく(店長B)が昔からやってきたうずまき人狼会が開催されます。場所は古巣である横浜のコワーキングスペースタネマキにて。2部制で第2部はオールナイト。オールナイトがつらいってかたは第1部のみの参加ももちろんOKです。スタンダードな役職から、ちょっと変わった役職まで.初心者がワイワイ楽しめる人狼会になっておりますので、是非お越し下さい。こちらの人狼会は申し込みが必要です。こちらから。


さて、今年の出張ボードゲームスペースはこれでおしまいです。たくさんの方のいらしていただき、ゲームをすることができました。ありがとうございました。継続して店舗も探しており、来年にはもしかしたら仮店舗という形で営業が出来るかも知れません。来年も引き続き、「らうんどとりっぷ」をよろしくおねがいします。

次回は、2020/1/20(月)になります。ぜひ遊びに来て下さい!

この記事を書いた人

店長B すぎもと